石屋さんのBlog

「石の魅力、最大限」メイソンケイズのブログです。

「Ipad air」で石材業界にドロップキック

現場を統括する役割を担う私が、とうとう「Ipad」を手にする日がやってきた。

 

f:id:masonks:20170101211704j:plain

 

ゼネコンやサブゼネコンでは、タブレットの使用を近年多く見かける。

ただ、職人である我々がどのように使用すればいいのか、6か月ほど攻めあぐんていたのだが、この度導入することになった。

 

今回導入するにあたり、取り組んでいきたいと考えているのが5点あります。

 

①最新図面を常に閲覧できる仕組み

②搬入予定を一括管理

③追加工事請求のスピード化

④社内情報共有ツール

⑤育成・採用プログラムの向上

 

以上5点の項目を2017年年内に仕組化していきます。

 

①最新図面を常に閲覧出来る仕組み

私は建築業界のペーパーレス化が遅いと感じている。その中でも様々な取り合いが多く、高い精度が求められる石材業界は大量の図面を使用する。

また、製品の変更が自由にできない石材は、設計変更による図面変更が多々あるため、そのたびに図面を刷りなおしているという現状だ。

 

「とにかく大量の紙を使用するのでもったいない」

「最新の図面が手元に来るのが遅い」

「現場の都合で図面が早急に手元に必要」

 

これらの問題を解決できる仕組み作りを早急に対応したいと動き始めている。

最終的には更新された最新の図面をリアルタイムで、ゼネコン、協力会社、現場職人の3社が同じツールを使用して閲覧することが出来る仕組みを作り出す。

 

②搬入予定を一括管理

大規模現場となると、職長と呼ばれる現場の調整担当は自らの作業よりも、電話をしている時間の方が長くなると言っても過言では無い。

今までその中でも無駄だと感じていた電話内容は搬入の調整

 

1つの搬入調整につき、①ゼネコン担当監督 ②現場の揚重会社 ③元請け会社(関ケ原石材)の3社に調整をし、搬入当日も同じように連絡をしなくてはいけない。

大規模現場ともなると毎日搬入をするために、この多くのフローをこなさなければなりません。

 

そこで、私は効率化を図るために「見える化」を実施している。

このツールはgoogleドライブのスプレッドシートに搬入予定を元請けが記載するだけで、ゼネコン担当監督、現場の職人、3社のワークフローを最小限にしている。

www.google.com

f:id:masonks:20170101212622p:plain

 

元請け会社(関ケ原石材)が搬入希望をスプレッドシートに入力

           ↓

ゼネコン担当監督が確認し、現場の搬入を調整

           ↓

最終的に調整済みの搬入予定を現場職人が確認し、搬入をする。        

 

これは実際に仕組み化出来ており、改善をして行くうえで、成功事例として業界に広めていきたいと思っている。

 

③追加工事請求のスピード化

時折、他業者の施工ミスや、ゼネコンの管理不十分により作業が止まってしまうことがある。その際は手待ち故の追加請求をしなくてはいけない。

 

請負契約の中で施工をしている我々において、追加請求は特別なものになる。

ゆえにワークフローが面倒なのである。

ゼネコンに請求をするのは元請け会社であるにも関わらず、現場の職人による発信で追加請求がおこるために、タイムラグが発生することがある。

最悪の場合、請求が遅れ取りこぼしということも考えられる。

 

それを無くすには、効率化、スピード化が求めれる。

 

そこでタブレットを現場に導入した我々は、リアルタイムに請求書類をデータとしておこし、関係各社にメールで送信することでスピード化を図ることが出来ている。

こちらも、「②搬入予定」同様に仕組み化が出来ており、実際に使用しているツールであり、これからの改善が必要であるツールである。

 

④社内情報共有ツール

現場の方向性、勤怠状況、失敗・成功事例の共有、日々の施工進捗状況など、

社内の職人全員が必要な情報を常に共有できるツールを構築するにはタブレットが必要であると考えている。

 

職人の施工に無駄がないように、情報を末端までしっかりと伝えることが必要であると考える。そのため、口頭の伝達だけでは全体に浸透しないためにツールを介して共有することで全員の把握が可能となる。

 

⑤育成・採用プログラムの向上

④と同様の社内情報共有ツールに、育成・採用に特化したページを作ることを検討している。

施工や調整段階での過去の失敗事例や、成功事例を育成段階で共有することで、先輩職人と同じナレッジを共有することが出来る。

また、資格取得の経過などを社内全体が確認できるようにすることで、先輩職人全員で

新人の育成に参加することが出来るといった狙いがある。

 

④、⑤の項目は現在、構築するための準備を進めているところである。

 

さいごに

石材業界の常識をぶち壊すために、様々なチャレンジをしていきたいと思っている。

失敗をし続け、成功パターンを作り、横展開をすることで、石材業界をメイソンケイズから盛り上げていきます!

 

これからも、関係各社さま、我々にご指導・ご提案お願いします。

2017年、石工職人集団 飛躍の年に!

今年も恒例の忘年会を丸ノ内の中華料理店で行いました。

 

職人8人の忘年会で酒を飲めるのが2人だけ。

メイソンケイズのオーダーは「生2つとウーロン茶6つ」が定番です。

職人集団としてはとても珍しいですね。

 

f:id:masonks:20161230202621j:plain

 2016年「職人集団としてキャリアップ」

2016年は無事故・無災害で作業を終えることが出来ました。

 

これは、各々がプロとして自覚をしている結果です。感謝感謝です。

来年も引き続き無事故無災害を継続していきたいと思います。

 

今年は「仙台出張」、「超大規模現場」、「2tの丸柱」と様々な経験をしました。

会社としも個人としても大きくキャリアアップした年になりました。

 

また、新入社員も入ったことで全体にいい刺激を与えています。

一生懸命、先輩社員についていこうとする姿はとても将来が頼もしいです。

 

2017年「目標と中長期的目標に対する基礎作り」

2017年は採用元年となります。2つを目標に

①新入社員2人の採用

②新人育成5カ年プログラムの確立

 

①は新年早々から新たなプロジェクトに取り組んでいきます。

②は5カ年で国家資格である1級石材施工技能士を取得するためのプログラムです。

最短での取得を可能とします。

 

中長期的目標は2020年までに、

①新入社員を6名採用

②収益200%(2016年比較)

 

2つの中長期的目標をクリアするには、2017年の目標達成は必達です。

 

さいごに

常に業界に影響を与えられる職人集団になるべく、業界ナンバーワンカンパニーとしてのプライドを胸に、2017年も無事故無災害で石材施工に取り組んで参ります。

川崎市主催『合同企業就職面接会』参加決定!!

若者の職人本能、掘り起こす!

当社、メイソンケイズが大学生を対象とした合同企業就職面接会に参加します。

f:id:masonks:20161225214856j:plain

 

フレッシュで、大きな夢を持った若者を雇用できるチャンスということで、どのような若者と会うことが出来るのか楽しみがある反面、

若者がより明るい未来を創造することが出来る体制づくりが出来ているのか、これからの若者の生活を背負っていかなくてはいけないという責任感にあらためて気づかされました。

 

とはいえ、石材施工職人という職種はとても魅力を伝えやすい仕事であると自負しています。自らが経験してきたこと、毎日が楽しいことを学生の前で話をさせてもらえる機会があるというのはとても嬉しいことです。

 

一方で、一部からは職人の採用を一般企業と同じようにしても意味がないという意見を受けましたが、私は全くそうではないと思っています。そもそも何を持って意味が無いと思っているのでしょう。

職人に向く向かないというのは、現場経験の有無や、体力仕事の有無によって決まるものでは一切ないのです。

「この仕事楽しい!」「もっと技術を向上させたい!」「家族に建造物を見せたい!」

というマインドの部分で決まると言っていいです。

このマインドは大学生にとっては潜在的に眠っているものであると思います。それを私は根こそぎ掘り起こしてきたいと思っています。

 

なぜなら、私もどこかに眠っていた職人本能が目を覚ましたから!

 

60秒に職人魂込めます

このイベントには46社が参加し、全体の前で1分間のPRタイムがあるようです。

この1分間短いようで、最も大切な時間だと思っております。

 

学生は46社を比較するわけですから、ここで「おっ!、おもしろそう!」と思わせるプレゼンをしたいと思っています。特殊な業界だからこそできる、他の企業には出来ないアピールを構想中です。

 

おそらく石材施工職人専門の会社としては初めての試みだと思います。

正直、楽しみで仕方ありません!!

 

社員紹介⑧石材業界の「諸突猛進といえば」

第8回目の今回はブログの筆者でもあります私が、今までの形式で紹介します。

いわゆる自己紹介になります。

 

自己分析を兼ねて、書き留めていきたいと思います。

 

まず、私は自分のことを良くも悪くも「決めたことをやり抜く力がある」と分析しています。それしか無いと言ってもいいかもしれません。

この道だ!と決めたら、イノシシのように突っ込んでいきます。

 

f:id:masonks:20161211213031j:plain

 

年齢:29歳

石材施工職人歴:4年

担当:施工・段取り・加工・調整

 

f:id:masonks:20161211213643j:plain

 

楽天営業マンから石工職人への転身

職人の世界には珍しくサラリーマンを経た後に石材施工職人に転職した身である。

前職は楽天。新規開拓の営業部隊で2年半、我武者羅になって仕事をしていた。

東京本社で1年半、福岡支社にて1年、周りに助けられながら2度月間営業成績、トップを取った過去もある。

 

同じ職種への転職であれば、楽天での成績、成果は評価してもらえるのかもしれない。しかしながら、私は全く過去の実績が反映されない職人の道に飛びこんだ。

 

理由は「やりたかったから」

 

小さい頃から敬遠していた親父の道

この道を選ぶ直前までやりたい気持ちなど無かった。

親父がこの仕事をしている以上は絶対にやりたいとは思わなかった。

自分は違う道を歩んでいて、

敷かれている線路に乗るのはカッコ悪いと思っていたから。

 

突如現れた人生の岐路

しかし、人生の岐路は突然訪れた。結婚を決めたその日だった。

結婚をすることを決めたその日、今までの自分を振り返った。

ものすごく幸せな25年間だった。

友人・仲間にも、後輩にも、先輩にも上司にも、部活でも、仕事でも、

とにかく恵まれていることに気づいたのだ。

 

それと同時に人生の岐路が突如現れはじめた。

 

①恵まれた人生を歩ませてくれている親がどんな仕事をしているのかが知りたくなる

              ↓

②親と親を支えている社員の方々あっての今の人生なんだと思い始める

              ↓

③自分が会社繁栄、業界成長に携わりたい

 

あの日のことは忘れられない。この答えが出たときは雷が脳天を直撃するような感覚があった。

一方で結婚をするにも関わらず経済的な面や、ローンを組む際の社会的信用など、大企業には勝らないことなど、何一つ考えなかった。とにかく自分が決めたことをやるだけ。

 

雑草魂

周りの目は、あまり良いものでは無かった。

「なんで辞めたんだよ」「もったいないなー」「サラリーマンの方がいいだろ」

 

しかし、何一つ耳い入ってこなかった。理由は2つ。

 

「何を言われても自分が決めたことに間違いは無いと自信があった」こと。

もう一つは、「業界を改善しなくてはいけないという勝手な使命感」があったこと。

 

職人になったその日から、楽天、IT業界がいかにスピード感があるのかと感じる毎日。それと同時に、石材施工というカッコいい仕事をもっと魅力的に出来るという自信があった。

 

その新米職人当時の気持ちは今も変わらず、常に持ち続けている。

 

さいごに

私はこの会社を確固たる職人集団にしたい。

そして業界を、日本を盛り上げていきたい。

 

いま小さい息子に、魅力を感じてもらえる。そんな会社にしたいと思っている。

 

f:id:masonks:20161211222909j:plain

左 私 右 代表

 

社員紹介⑦石材業界の「守備的ミッドフィルダー」

第7回目の今回はメイソンケイズには絶対に欠かせない守備的ミッドフィルダーの松本さんを紹介いたします。

 

自分の個性を強いることなく、柔軟に対応できる姿はチームの歯車。

そんな魅力的な彼を紐解いていきたいと思います。

 

※現場での写真が都合により用意できておりません。

 

f:id:masonks:20161209165006j:plain

 

年齢:54歳

石材施工職人歴:32年

役割:施工・教育・調整

 

全体感把握しながら、決めるときは点を取れる天才MF

守備的ミッドフィルダーの大切な要素でもある「全体感の把握」

全体を俯瞰してチームを見ることが出来るので、作業において自分が何をすべきか、

部下が何をすべきかを的確に指示します。

 

また、チームの雰囲気作りも忘れません。もくもくと施工をこなすこともしばしば。

そんな時に彼は、部下に声をかけたり、冗談を言うことで楽しい雰囲気を作り出すことが出来るのです。

調子がいい時は、現場がカラオケ状態になります。気持ちよく歌いながら、施工する様は見ているこっちが気持ちよくなります。

 

そんな仕事のやりやすい雰囲気を作りつつ、硬い仕事をするのでとても信頼のある

職人です。

 

考えさせる育成方法

私も彼に育てられたうちの1人である。

 

彼と育成方法について語りあったことはないが、私がいつも隣にいて感じることは「考えさせる育成方法」であるということだ。

一方的に指摘をするのではなく、考えさせているところをよく見る。

 

例えば以前にこんなことがあった。

図面で端部から端部の寸法を読み取ることが必要な時に、私は松本さんに図面から計算するように指示を受けた。

新人だった私は必死になって計算をし、間違えられないので幾度も同じ計算をし、松本さんに寸法を伝えた。

すると、「正解!」との一言。

既に寸法が分かっている上で、私に計算をさせていたのだ。

 

仕事に追われていると、こういう時間を蔑ろにしてしまうもの。

しかし、目の前の仕事と平行して、未来に向けて時間を費やしてくれていたのだ。

 

また彼の発する言葉にはロジックが常にしっかりとしている。

「なんとなく」「だいたい」「いつもは」

といった、面倒な時に使用する常套句は絶対に使わない。

●●だから●●になるといった具合だ。

質問をした時の答えが明確でとても気持ちいいのだ。

 

さいごに

彼には仕事をしている顔とは別の顔がある。それは、趣味のボーリング。

大会での成績は280とか。腕は趣味の領域を越えている。

 

私は仕事を楽しめている人には共通点があると思っている。ワークライフバランス

松本さんのような、緊張感がある中で、仕事を楽しく出来る職人をメイソンケイズでは育てていきたい。

 

f:id:masonks:20161209221223j:plain

左 松本さん 右 社長  写真は出張先で楽しむ二人

社員紹介⑥石材業界の「ラスボス」

今回はメイソンケイズの代表取締役社長であります、角田隆宣を紹介させて頂きます。

石材業界では有名な職人の一人であり、元請けからの評価も折り紙付きであります。

 

彼の肩書は経営者というよりは、親方という表現が正しいと思います。

 

そんな石材施工職人としてはトップである彼を人は「ラスボス」と呼んでいる。

 

f:id:masonks:20161128221956j:plain

 

年齢:52歳

石工職人歴:34年

役割:施工・統括・経営

 

f:id:masonks:20161128222259j:plain

 

太すぎて曲がらない信念

親方は一言でいうと頑固。しかも、一筋縄ではいかぬ頑固。

これだと決めたら絶対に曲げない頑固。筋金入りの頑固。

 

職人としてトップに立つ絶対条件に私は「頑固」が必要だと思っている。

「頑固」というと、扱いにくいイメージを持たれることがあるかもしれないが、

これは職人の世界では尊敬の意を持つ。

 

彼は石材施工職人を代表しているというプライドを常に持って、仕事に従事している。

そのため、妥協を許さない。

「自分が積み重ねてきたキャリアに対する自信」

「常に徹底しているプロフェッショナリズムの意識」

「今まで助けてもらった人、教えてもらった先輩方に対するリスペクト」

がそのようにさせるのであろう。

 

妥協を許さないチームビルディング、理想を追い求めて

彼は決しておしゃべりな職人ではない。

彼は決して優しい職人ではない。

だけれども、彼に引き付けられるかのようにチームプレーが始まる。

 

これは彼の職人力だと思う。職人としての魅力なんだと思う。

 

幸いなことに素晴らしいチームメンバーに恵まれとても質の高い、

かつスピード感のある仕事がメイソンケイズでは出来ていると私は分析している。

 

しかし、彼は常に現状に甘えることなく、常に上のチーム力を求めてくる。

そのため我々職人は必死に仕事をすることで、より上のチーム力を追い求めている。

 

さいごに

彼は非生産的なことを嫌う。

彼は品質を損なうことを嫌う。

彼はスピード感の無いことを嫌う。

 

常に最高のチーム力を部下に求めている。

そして、彼も常に石材施工職人のトップとしての信念を胸に仕事を従事してる。

だから、下で働く私は毎日がワクワクするんだろう。

 

f:id:masonks:20161128222334j:plain

社員紹介⑤石材業界の「永遠の末っ子お爺ちゃん」

今回はメイソンケイズのオールラウンダー職人を紹介します。

彼は周りからとても可愛がられるお爺ちゃんといった雰囲気を持ちます。

 

60歳後半にしてはとても身軽で、様々な要望に応えてくれます。

誰よりも一生懸命仕事をする姿がチームに刺激を与えてくれます。

 

名前は「きちお」

 

f:id:masonks:20161127212938j:plain

 

年齢:60代後半

石工職人歴:45年

役割:施工・加工・段取り・資材移動

 

f:id:masonks:20161127220719j:plain

 

誰よりも先に、誰よりも早く

 

60歳後半というと、一般企業ではどこでも退職を余儀なくされる。

その中彼は、職人の特権をフルに活用している。

 

彼のすごいところは、高齢にも関わらず、若者と同じ仕事を、

若者より早いスピードでこなそうとするところ。

 

これには毎日驚かされている。

指揮しているこちらが止めない限り、彼の手は止まらない。

常に妥協をせず、弱音を一切吐かずに仕事をこなす様は、

チームにとてもいい影響を与えている。

 

永遠の末っ子お爺ちゃん

彼は時折かわいい一面を出すことがある。

まず、動いてみるタイプの職人なので、間違え怒られることも。

 

すると決まって、末っ子の一面が出てくるのだ。

ちょっとうつむきながら、少しふてくされた顔になることがある。

いつも明るい雰囲気から一遍、返事も小さめ。

 

そんなところが逆に憎めない。

 

また、彼にはたくさんの口癖がある。

 

「石をちょんぎっちゃった」

⇒石を切断加工する際によく使う語

 

「あっれーここにあったんだけどなー」

⇒探しているものが無いと必ず使う決まり文句

 

「そこまで見てなかった」

⇒確認事項の不備が発覚した際に使用する決まり文句。

 

他にも彼が良く使う口癖は多数。

とても特徴的なイントネーションとともに放たれる彼の言い回しは、

とても可愛いところがあり、先ほど同様に憎めない。

 

そんな憎めない彼の人柄と、一生懸命仕事をする姿は、

会社にとって、チームにとってとても大きな影響を与えている。

 

さいごに

当社メイソンケイズでは彼のように職人として人生を全うする人材を大切にし、

本人に仕事への意欲があるのであれば雇用をし続けたい思います。

 

そのために、終身雇用をしっかりと確立できる体制を事業主である我々は創りあげていく必要がある。

彼のような一生懸命な姿を応援するために。

 

f:id:masonks:20161127225750j:plain